④MWS実践-はじめに



主な処理種別

③MWSの技術解説(できる事)のおさらいですが、主な処理種別と用途について説明します。

【主な処理種別】
1.フィード:Amazonに新たに商品を出品する場合や出品中商品の価格・在庫改定などを行うCSVファイルをUploadするための処理
2.レポート:Amazonに出品している商品一覧を取得するための処理
3.商品:Amazonに存在する商品情報(価格含む)を取得するための処理
4.注文:Amazon出品中の商品が販売(注文)された情報の取得処理
(FBAを利用している場合はフルフィルメント関連が必要ですが同様ですので本サイトは割愛しています。)
があります。個々の処理で処理フローが異なりますので、個々のページ(目次)で詳細を説明します。

個別の説明に入る前に、主に「1.フィード処理」ではCSVファイルを生成してUploadする処理と工程が2つに分かれます。また、その個々の工程についていくつかの方法がありますので、整理して理解しておく必要があります。

【本サイトで説明している内容】

(1)CSVファイル作成処理
 ・Excel利用による生成方法(パラメータ説明)
(2)CSVファイルUpload処理
 ・プログラムによるUpload(Excel-Amazon、PHP、Excel-VBA)
 ・セラーセントラルの画面から直接Upload
(3)プログラム(CSVファイル作成を除く)
 ・PHP(Aamzonライブラリ利用あり)
 ・PHP(Aamzonライブラリ利用なし)
 ・Excel⁻VBA

個々について少し説明しておきます。

(1)CSVファイル作成処理

MWSはCSVファイルを作成して商品を出品したり価格改定したりさまざまな操作が可能です。「1.フィード処理」はCSVファイルをUploadするための処理です。CSVファイルは作成されたものを前提としています。
CSVファイルの作成をプログラムで作成することはもちろん可能ですが、本サイトではCSV作成のためのプログラムについては説明していません。プログラムではただのテキスト処理(プログラムの基本処理)だからです。CSVファイルはただのカンマ区切りのテキストファイルです。MWSで決められた順番のフィールド(カンマ区切り要素)でファイルを作成すれば良いので、人が作る場合はExcelを利用した方が簡単に作成できます。このため、本サイトではExcelを利用したCSVファイルの生成方法を説明しています。
テキストエディタで直接CSVファイルを作成することも可能ですが、カンマ区切りで非常に作業が困難ですのでExcel利用を進めます。
CSVファイルの作成が必要なのは「1.フィード処理」だけですが、このCSVの中身で操作がするので非常に重要です。

(2)CSVファイルUpload処理

先ほどCSVファイルのUploadは「1.フィード処理」でのみ実施すると言いましたが、セラーセントラルの画面から直接選択してUploadする方法もあります。この方法についても本サイトでは説明しています。

(3)プログラム(CSVファイル作成を除く)

本サイトではプログラムを掲載していますが、CSVファイルの生成についてはExcelでの生成方法を記載しており、プログラムでのサンプルは掲載していません。プログラムとしては単純なテキスト操作で生成できるからです。
MWSの4つの処理(1.フィード、2.レポート、3.商品、4.注文)について、PHP(Amazonライブラリ利用あり)、PHP(Amazonライブラリ利用なし)、Excel⁻VBAの3つのプログラムを用説明(4つの処理全てをほぼ網羅しています)しています。

これらを踏まえて個々のページを読んでもらえると理解が深まると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です