③APIの技術解説(できる事)



APIは以前に説明したようにAmazonデータを取得したものが自分のサイトに情報を掲載するためのIF(アクセス規定)です。ですので、利用用途は主にAmazonから商品情報を取得することにあります。
APIの動作概要やイメージは前回に説明済ですが、技術的に理解を深めて頂くために開発者ガイドを参考にもう少し詳細について説明したいと思います。

開発者ガイドの見方

少し技術ページなので難しいように見えますが内容は単純なので出来るだけ簡単に説明します。
まずは、Amazonの技術仕様ページの「Product Advertising API 開発者ガイド」を見てください。見るべきポイントは大きく以下の2つです。

・リクエスト種別と内容(Amazonへの要求)
・レスポンス種別と内容(Amazonからの返答)

この2つについてこれから見方と主な内容について説明していきたいと思います。

各リクエスト(オペレーション)の説明

「Product Advertising API 開発者ガイド」の左サイドバーにあります”APIリファレンス”⇒”オペレーション”を見てください。(下図参照)
3_1_amazontech
ここに、”BrowseNodeLookup”や”ItemLookup”などがあります。これらは「APIで要求できるリクエストの種別」になります。
代表的なものは”ItemLookup”になりますので、そのページを見てAPIで実施できる内容がわかります。

【説明文を抜粋すると】
商品IDを指定すると、 ItemLookup オペレーションは、リクエストで指定したレスポンスグループに従って、一部または全ての商品属性が返します。デフォルトでは、 ItemLookup は商品のASIN, DetailPageURL, Manufacturer, ProductGroup および Title を返します。
ItemLookup は、多数のレスポンスグループをサポートしています。このため、商品レビュー、バリエーション、類似品、価格、在庫状況、商品画像、アクセサリなど、商品属性と呼ばれるさまざまな情報を取得できます。
複数の商品を一度に検索するには、商品IDをカンマで区切ります。

と書かれています。ItemLookupは商品の情報を取得できるリクエストということになります。ですので、商品名や価格などを取得できることがわかります。
ページ内の表に”IdType”というのが出ていますが、これは商品を何で検索しますかとうことです。ASIN,UPC,ISBN等の番号の種別を設定しその種別の番号を”ItemId”に設定し検索をかけるということになります。
【キーワードによる商品検索】
キーワードによる商品検索を実施したい方は多いでしょう。リクエスト種別は”ItemSearch”を使い”Keywords”を指定し検索すれば関連する商品の取得が可能です。ただし、キーワード検索は5ページ(or 10ページ)程度しか検索できないため、最大でも100商品程度しか取得できません。

各レスポンス(レスポンスグループ)の説明

Amazonから返答される情報であるレスポンスは関連ある情報をまとめてグループ化されており、レスポンスグループと呼ばれています。レスポンスグループは、もっと端的に言うと、「どんな情報を取得したいか(Amazonから返答して欲しいか)」を決めています。
レスポンスグループの見方ですが「Product Advertising API 開発者ガイド」から下図のように左サイトバーの”APIリファレンス”⇒”レスポンスグループ”で見ることが出来ます。
3_2_amazontech
レスポンスグループの配下に”Accessories レスポンスグループ”などの記載があります。ここには関連オペレーションとして対応できるリクエスト種別も記載されています。つまり、このリクエストでしかこの応答は使えませんよということです。私が良く使うレスポンスグループは以下になります。

・Small:商品に関する最低限(Small)の情報を返します。
・Medium:商品に関するほぼ必要(Medium)な情報を返します。(価格などを含む情報を取得可)
・Large:商品に関する出来るだけ多く(Large)の情報を返します。(価格などを含む情報を取得可)
・SalesRank:商品の売上げランキング(SalesRank)に関する情報を返します。

レスポンスグループは応答する情報をまとめてグループ化しています。もちろん、個別の返答要素がどのようなものが取得できるか確認することが出来ます。それが、”APIリファレンス”⇒”レスポンス要素”になり、これを見るとAPIで何が取得できるのか調べることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です