⑮MWS実践-レポート(出品リスト取得)-PHP-lib



AmazonMWSで自分が出品している商品リストを取得する方法を説明します。PHPサンプルプログラム(題名にlibと記載しているのはAmazonのライブラリを利用するためです。)をつけて具体的に説明します。日々、変更される自分の出品リストを取得するのを自動化できますので、作業の効率化につながります。

まず、処理の流れを把握しておく必要があります。出品リストの取得はレポートAPIを用いて実施し要求を出してすぐに応答が返ってくるわけではありません。数分~1,2時間後(Amazonサーバの負荷状況や出品数に依存)に結果が返ってきて処理が完了し出品リストが取得できます。時間もかかるので私は毎日バッチファイルで取得するようにしています。

処理は下図の流れで処理されます。各①~③の処理はリクエストとレスポンスのREST-APIで処理され、①RequestReportでリクエストを送信し②GetRequestReportListで要求処理の状態を把握します。②でDONE(完了)になれば、③GetReportで作成された出品リストを取得します。
詳細はAmazonのこちらを参照してください。
1

①レポート要求処理【RequestReport】
Amazonに対して出品リスト(レポート)の作成依頼の要求を行います。ReportTypeを”_GET_MERCHANT_LISTINGS_DATA_”で行うことで出品リストを取得できる。要求の受付応答時に”ReportRequestId”を取得でき、状況確認・結果取得等に用います

②レポート処理状態確認【GetRequestReportList】
レポート要求の処理状態の確認を行う。処理の状態が”_DONE_”になれば処理は完了です。最近の処理が全て一覧で取得でき、処理を特定するため、①で取得した”ReportRequestId”を用いて、処理状態の確認を行います。

③レポート結果取得【GetReport】
②で処理の完了したものに対して、結果の取得を行います。今回でいけば出品リストが作成されているのでその取得を行います。①で取得した”ReportRequestId”を用いて、どの結果を取得するかを選択します。

以下が上記の流れを一通りの処理を行うPHPプログラムです。基本的にAmazonのライブラリを利用するので処理することを記載していけば動きます。★のところは各自の状況に合わせて修正してください。また、出力画面も綺麗ではないので、定義修正してください。

【Amazonのクライアントライブラリ】はこちら
(フィードとレポートAPIはライブラリが同一でした。商品APIなどは別です。)
【MWS接続方法】はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です