②ESC(モータ制御)部のハンダ付け



ESC(Electronic Speed Controller)とはモータ制御部であり、フライトコントローラーからの信号をモータに伝えるため装置です。
電源部からESCに電源を供給するコネクタのハンダ付けを行います。

(1)用意する部品ですが、以下のものを用意してください。物品購入の項目で

1.機体、モーター、ESC、プロペラ の「ESC」
3.バナナコネクタ
5.電源配線ボード

before1
(2)電源ボードにコネクタをハンダ付けします。コネクタの中にハンダゴテをあてて温めます。数秒後に少しハンダゴテにハンダを付けてコネクタと接触を多くし温めます。写真のようにコネクタの外側にハンダをあてて流し込みます。
way1
(3)ESCにコネクタを接続します。図のようにコネクタの穴にハンダゴテをあてて数秒後に少しハンダゴテにハンダを付けてコネクタと接触を多くし温めます。写真のようにコネクタの内側に導線との間にハンダをあてて流し込みます。
way2
(4)ハンダを付け終わると以下の図のようになります。(ESCは4個あります。)
after1
(5)次に電源ボードとバッテリーを接続するコネクタを作成します。以下の物品を用意してください。物品購入の項目で
3.バナナコネクタ
8.バッテリーコネクター HXT 4mm (コネクタ部は切断します)
before2
(6)コネクタにハンダ付けができると以下のようになります。
after2
(7)(6)で作成したコネクタを電源ボードに差し込めば完成です。
after3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です