カメラ及び電化製品の海外輸出販売の注意点



カメラ及び電化製品の海外輸出販売の注意点を以下に示します。

(1)外国語対応
最近の電化製品はディスプレイで機能の選択などを実施する。その場合に日本語のみしか対応していない場合は、返品となる可能性が高い。
英語表示が可能であれば説明すれば承諾してくれる場合も多いが、基本的には事前に説明すべきです。

(2)コンセント形状対応(電圧調査)
ヨーロッパはコンセントが異なるので、日本製品を送付してもそのまま使えない場合も多いです。アメリカはコンセントはそのまま使えますが、電圧なども調べた方が安心です。

●主なコンセント形状と電圧
・日本:コンセントA,B型【100V】
・アメリカ:コンセントA,B型【120V】
・ヨーロッパ:コンセントE,F&G型【220V】

●デジタルカメラ販売
デジタルカメラの英語対応はSONYとPanasonicは日本語版と海外版を分けているため、日本製品は英語表示できません。
また、ヨーロッパの多くはデジタルカメラ製品は販売権をベンダーが保有しているため、NIKON,OLYMPUS,CANONなど多くのメーカは販売できません。PanasonicやCASIOなどの一部のメーカのみヨーロッパで販売可能ですが、Panasonicは日本製品は英語表示できないため販売しても返品になるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です