ユーロの売上受け取り銀行口座設定について

Amazonからユーロで販売された売上金額の受け取りを行う場合に注意が必要です。
通常、ペイオニアはアメリカの法人口座だと思っていますのでアメリカの銀行口座を設定しますが、ペイオニアは2つの口座がありユーロでも受け取れます。従って、ユーロに関してはユーロで受け取った方が為替と手数料が無駄にかからずに受け取れます(日本円で受け取れます)。

≪ペイオニアのUSドル銀行口座で受け取った場合≫
ユーロ ⇒ ドル ⇒ 円

≪ペイオニアのユーロ銀行口座で受け取った場合≫
ユーロ ⇒ 円

ドルへの為替変換を一回省略できるため、売上の3~5%程度削減できますので注意してください。
具体的には、ドイツ、フランス、イタリア、スペインはユーロですので、セラーセントラルの右上の”setting”から”Account Info”を選択し、”Deposit Method”で以下のように設定してください。
AmazonDE_BankAccount1

Amazonアカウント審査(ペイオニアの銀行口座証明書発行方法)

Amazon輸出販売で売り上げが上がってくると、Amazonがアカウント審査を実施します。審査時にペイオニアの銀行口座を求められる場合がありますので、対応方法について説明します。

メールでの内容は以下の内容になります。
A scanned copy of bank statement of the account you provided during registration including the bank account number, the account holder’s name and the bank logo. This document must be issued within the last 12 months.

一番良いのは法人として銀行口座を開設していれば、その口座の証明書を取得すれば良いですが、ペイオニアの銀行口座について口座証明書の発行方法を説明します。

ペイオニアの銀行口座発行方法も、ペイオニアの問い合わせ画面(ヘルプのサポートセンター)から証明書の発行を依頼してくださいということになります。
依頼すると以下のようなPDFが送付されてきますので、それをAmazonに送付すれば了承されます。
payoneer_bank

Amazonアカウント審査(販売者の証明)


Amazon輸出販売で売り上げが上がってくると、Amazonがアカウント審査(販売者の証明)を実施します。その時に販売者の証明を求められますので、対応方法について説明します。

以下の内容になります。
In the field showing “COMPANY REGISTRATION EXTRACT from the past 90 days”: Please upload a scanned copy of your self-declaration/application for sole proprietor status, stamped and dated.

一番良いのは法人として会社を設立していれば、その証明書を提出すれば問題ありませんですが、まずは個人として販売している方も多いと思います。その場合の対応方法について以下に示します。

対応方法:個人事業者として開設する

になります。具体的には個人事業開業届けを管轄する税務署に提出する。
届出書ですので郵便でも送付できますが、受付印がないとAmazonで承認が得られません。ですので、直接2部作成して持っていき一部は提出し一部は受付印を押してもらって持って帰る必要があります。
参考まで私が提出した資料を以下に示します。
開業届け2
当然ですが、本届出を行った後は確定申告を行う必要があります。それ以外のデメリットは審査もありませんし特にありません。

1 / 3123