WindowsVPS申し込み及び接続方法

  • 2014年12月08日
  • VPS


今回、WebKeepersのWindowsVPS(VirtualPrivateServer)申し込みし利用してみましたので、申込方法や接続方法について以下のとおり解説します。特に注意点はありませんが、初めての方はどのように申し込み、利用するかが不明だと思いますので参考にしてください。基本的に利用するにはWindows標準で付属しているリモートデスクトップで利用できます。
最低料金の月780円で利用していますので、利用時の体感スピードなどは”格安WindowsVPSの比較、評価!“を参照してください。利用した感じでは価格も安いですし使い勝手も悪くないので、個人的にはお勧めです。
【利用できる主な内容】
・OS:WindowsServer 2008 R2
・Webサーバ:IIS
通常のWindowsServer 2008と同様にアプリをインストールして使えます。

●申し込み手順
(1)WebKeepersのTOP画面からWindowsVPSの”詳しくはこちら”をクリックし申し込み画面に移動する。
1
(2)申し込みのコースを選択し”お申し込み”をクリックする。
(3)コース確認し、”このプランを選択”をクリックする。
(4)無料サブドメインを使い、好きな覚えやすい任意の文字入力して、”次へ”をクリックする。
2
(5)内容を確認し”このドメインで申し込む”をクリックする。
(6)オプション設定で、Plesk(VPSを管理するツール)は申し込まず、基本のParallelsPowerPanelを申し込む
3
(7)氏名や住所、パスワード(大文字、小文字を含める)などを入力し、”個人情報の取り扱いに同意して申し込む”をクリック
【この時のパスワードがログイン時に必要】
(8)契約期間を選択し”次へ”をクリックする。
(9)申し込み内容を確認し同意欄にチェックする。最後に”申し込み完了”をクリックする。
(10)支払方法を選択で必要事項を入力し、”○○によるお支払い”をクリックする。
(11)お申込み完了画面が出力されるので、”マイアカウントページへ”をクリックする。
(12)(7)で登録したID/Passwordを入力し、”サインイン”をクリックする。
(13)以下の画面表示されるので、自分のサーバIPアドレスを把握する。
6
●接続方法(リモートデスクトップ)
(14)クライアント端末(自宅の端末)から、リモートデスクトップ接続を起動する。
(15)(13)で取得したIPアドレスを入力し”接続”をクリックする。
(16)ログイン画面出力されるので、ユーザ名に”administrator”★注意★を入力しパスワードは(7)で入力したパスワードを入力し、接続をクリックする。
(17)ログインが完了し、サーバのデスクトップが利用できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です