SOHO依頼サイトの比較



企画・立案などのどのように仕事をしていくかということは自分で決めていく必要がありますが、価格比較ツールの作成や発送作業などSOHOさんにいお願いすれば簡単に仕事を行うことができます。活用できるケースは大きく以下の2点です。

①自分にないスキルを使いたい
②作業ベースで外部のリソース(人材)を活用したい

①は単金が高めになり、②は単金は低くても大丈夫だと思います。また、①に関しては一度お願いすれば変更するのが比較的困難なので十分に選びたいので、事前にしっかり話しをして出来るだけスキルを確認して決めていく必要があります。②に関しては途中で変更することも比較的容易ですので、そこまで慎重にならなくても良いと思いますが、信頼できるかどうかなど基本的なところは確認して決めていけば良いと思います。
今日はSOHOさんにお願いする上で依頼サイトは多くありますが、依頼サイトの利点と課題をまとめていきたいと思います。

サイト名依頼イメージメルアド開示手数料
楽天ビジネスサイト上に仕事を掲載し応募を募集する。なし

サイトを介して商談
有料(受注側)
受注側が月1~2万の定額
紹介手数料1~2千円

ランサーズ
有料(受注側)
 20万円超:5%
 10~20万円:10%
 ~10万円:20%
SOHOビレッジ掲示版に乗せて、双方で直接連絡あり

自分のメルアドで直接連絡し商談
無料
ジョブチャンネル
@SOHO

また、適した案件や利点、課題について以下に示します。
サイト名適した案件利点課題
楽天ビジネスAmazon販売管理などの少し大き目のシステム開発・発注先(受注者)が有料なので、評価やサポートが一番しっかりしている。
・発注先をコントロールしやすく、信頼・安心できる。
・発注先が多くから選択できる。
・発注先(受注者)が月定額なので大き目の企業が多い。
・個人より企業が多いイメージ。

ランサーズ
価格比較ツール発注先(受注者)が有料なので、評価やサポートがしっかりしている。
発注先をコントロールしやすく、信頼・安心できる。
・手数料が高額。
 (10万以下は20%!)
SOHOビレッジ簡単なツール
(価格比較ツール)
発送作業等
・安価に開発できる・信頼/安心がしずらい。
・納期や仕様を守らない場合がありうる。
・発注先をコントロールしにくい
ジョブチャンネル
@SOHO

基本的に依頼してから修正したいことは必ず発生すると考えて間違いありませんし、何かと修正などお願いしたいことも出てきます。ランサーズは手数料も多く取られますがSOHOの方は評価を気にして作業をしてくれるので、依頼や修正などのお願いも聞いてくれますしコントロールしやすいですが、SOHOビレッジのような無料のところは直接交渉になります。納期を守らない方や依頼や修正に高額の追加費用を要求される場合もあります。もちろんSOHOさんにもよりますが、一般的には無料だから良いというのではなく手数料を払ってでもしっかりお願いしたい場合はランサーズを使うと良いと思います。

【価格比較ツール開発】
Amazon輸出で最初の難関の”価格比較ツール”はどちらなんだと言われれば、あまり大きなツールというわけでもないので、やはり何といっても費用が安くなるという意味では、SOHOビレッジですので、ランサーズとSOHOビレッジの両方に依頼をかけて、相手方と提案内容や価格の話しで連絡・交渉するので信頼できそうならSOHOビレッジで、ダメそうならランサーズというやり方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です