カートBox取得の確認方法!


カートBoxが取得できているかの確認方法ですが、セラーセントラルで確認できます。以下の方法で確認してください。
カートBox自体はAmazonが時期がくれば勝手に権限を付与してくれていますので、申請も何も必要ありません。私の場合は2ヶ月程度で付与してくれています。問題を起こさずコツコツと販売していれば付与してくれます。(販売していなくても付与してくれているようです。)

(1)カートBoxが取得できているかを確認する表示設定を行います。セラーセントラルにログインし、”INVENTORY”⇒”Preferences”をクリックする。

(2)カートBoxの取得状況を表示に設定します。“Buy Box Eligible”⇒“Show when available”を選択し”Save”をクリックする。

(3)カートBoxの取得状況を確認します。”INVENTORY”から“Buy Box Eligible”の項目で”Yes”になっている項目がカートBoxを取得できています。

(4)各商品のページでカートBoxが取得できていると商品トップページで優先的に表示されるため、有利に販売できます。

SuppressedとQualityAlerm


Amazonで販売していると”Amazon Selling Coach”という送信元からいろんなメールが送られてきます。エラーではないですが少し気にした方が良さそうなのが以下の2つのメールです。両方とも商品の登録内容が不十分だということですが、放置したらどうなるかについてはAmazonの方でも明確に記載されていませんが、何かしらのペナルティもあるかもしれませんので注意が必要です。各々の状態を説明します。

①Suppressed(xx of Your Listings are Suppressed Due to xxx)
②QualityAlerm(Your Listings with Quality Alerts have Increased)

この2つのメールと内容を紹介します。

①Suppressed(xx of Your Listings are Suppressed Due to xxx)
以下のようなメールが送付されてきます。”Suppressed”つまり抑制されたということですからAmazonではユーザからの検索対象とされません。ですので、販売されることは無いと言えます。対応としては商品は出品を取り下げるか、商品説明を追加する対策をする必要があります。
1

②QualityAlerm(Your Listings with Quality Alerts have Increased)
送付されてくるメールを以下に添付します。最初は”xxx of Your Active Listings Need to be Updated”などの件名で届きますが内容は同じです。商品説明が不足しているのでユーザが購入の判断が行いにくいので登録追加を促す内容のメールになっています。対応としては商品説明を追加することが望ましいです。私は時間のある時に少しづつ登録していくようにはしています。ただ、数が膨大にあるのであまり行っていないというのが実状です。
2

ユーザアカウント追加方法(米国セラーセントラル)


Amazon輸出を行っていると発送作業など全て一人で行うのは限界があると思います。発送作業などを外部に委託する場合に、セラーセントラルの全ての内容を見られたり操作されたくない場合があります。その場合に、セラーセントラルのアカウントを追加し必要な権限のみを付与することで対応出来ます。今回はアカウント作成方法及び権限の付与方法について説明します。
セラーセントラルの管理者であるショップ側を”招待する側”とします。また、委託された側については”招待された側”として説明していますので、両方の操作を記載しますので混同しないように注意してください。

(1)【招待する側】セラーセントラルにログインし、右上の”Settings”の”User Permissions”を選択し登録画面に移動します。画面上で招待するメールアドレスを入力し委託先に招待メールを送信します。
1

(2)【招待する側】招待メールを送信したら以下の画面が出力されます。
2

(3)【招待される側】(1)で入力したメールアドレスに招待メールが届きますので、届いたメールの”1.Go to the following URL”に記載されたURLをクリックしてユーザ登録画面に進みます。
3

(4)【招待される側】招待されたメールアドレスについてAmazon米国にアカウントを持っている方はパスワードを入力してログインしてください。アカウントを持っていない方は”アカウントの作成”をクリックしてください。
4

(5)【招待される側】名前、招待されたメールアドレス、パスワードを入力し、”送信”をクリックしてください。
5

(6)【招待される側】確認コードが通知されますので、招待する側に伝えて本人であることの確認を行ってください。
6

(7)【招待する側】招待される側から通知された確認コードが正しいか確認し、”confirm”ボタンをクリックしてください。
7

(8)【招待する側】確認コードが正しければ”Add user permissions”をクリックしてください。
8

(9)【招待する側】権限の付与と行い”Continue”をクリックしてください。
None:権限なし(閲覧、編集など何もでできない)
View:閲覧のみの権限
View&Edit:閲覧と編集権限
Admin:管理者権限
9

3 / 1212345...10...最後 »