Amazon輸出の効率的な運用方法!
【リサーチから出品】(ツール活用)



今回、Amazon輸出を行う上で大きなポイントの一つである業務の回し方について説明します。業務を行う上でいろいろ実施しないといけないですが、いかに効率的に回せるかが一つのポイントです。今回はリサーチから出品までを特にツールを活用して効率化した実践方法を説明します。

まず、Amazon輸出における業務の流れは大きく以下の流れになると思います。仕入れに関しては注文があった後に実施する場合もあるかもしれませんが、基本的な流れはこのとおりです。今回はリサーチと出品(価格改定含む)の全体のフローイメージを説明します。
1
リサーチと出品を効率よく回すためのツールは以下の流れになると思います。

市場の調査を行うのと同様に常に出品した内容の調査も行う必要があります。効率よく実施するために以下のようなツールを作成し業務を回しています。目的や用途によってAmazonとのIFが変わりますので、内容を把握し適切に用いる必要がありますので、まとめています。
2
各々のツールの役割と用いるIFについてまとめていますので、参考にしてください。
3
具体的なツールについては、右サイドバーから”Amazonツール開発”をクリックして関連投稿を見て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です