格安WindowsVPSの比較、評価!

  • 2014年12月08日
  • VPS


コストの安いWindowsVPSを比較してみました。申し込んで試してみたVPSはWebKeerpers、Winserver、Willnetの3社です。どこも格安でこれだけ使えればすごいと思います。比較結果を記載しますので申込み時の参考にしてください。
各種VPSサービスの比較はこちら

【結論】
個人的には、12ヶ月以上の長期利用であれば少し使う程度であれば、コストとパフォーマンスから最も割が良いのが『WillnetのVZW-11』が良いと考えています。(メモリの利用状況やパフォーマンスが良いです。)
また、OSをWindowsServer2012を利用するのであればWinserverしかないのでこれを利用するしかないと考えてます。安くて動けば良いという方は、WebKeepersのWindowsVPSバリューが良いと思います。
(私はWindowsServer2012が必須なのでWinserverを継続利用していますが特に問題は出ていません。)

●申込みサービス
・WebKeepers1G:WindowsVPSバリュー(780円/月~)【WindowsServer2008R2】
・WebKeepers2G:WindowsVPSバリュー(1380円/月~)【WindowsServer2008R2】
・Willnet:VZW-11(980円/月~)【WindowsServer2008R2】
・Winserver:Light+(1780円/月~)【WindowsServer2012R2】

●測定結果(メモリ利用量)【立ち上げ時(多少変動します)】
・WebKeepers1G:493MB(~MAX1Gまで利用可能)
・WebKeepers2G:575MB(~MAX2Gまで利用可能)
・Willnet:111MB(~MAX1Gまで利用可能)
・Winserver:530MB(~MAX1Gまで利用可能)

●測定結果(ベンチマークソフト:CrystalMark2004R3)
・WebKeepers1G
Webkeepers1G
・WebKeepers2G
webkeepers
・Willnet
Willnet
・Winserver
winserver

●VBAツール時間測定
・WebKeepers1G:27秒(25秒、29秒)
・WebKeepers2G:13秒(13秒、13秒)
・Willnet:未計測(計測前に解約してしまいました。。。)
・Winserver:12秒(12秒、11秒)
回したツールは以下のとおりです。

●ブラウザ起動時間【参考まで起動時間を測定してみました】
IE起動(初期ページwww.google.co.jp)
・WebKeepers1G:23秒(24秒、22秒、24秒)
・WebKeepers2G:3秒(3秒、4秒、3秒)
・Willnet:2秒(2秒、2秒、2秒)
・Winserver:3秒(3秒、3秒、3秒)
Chrome起動(初期ページwww.google.co.jp)
・WebKeepers1G:34秒(30秒、23秒、40秒)
・WebKeepers2G:5秒(7秒、4秒、4秒)
・Willnet:5秒(5秒、4秒、4秒)
・Winserver:6秒(7秒、5秒、6秒)

【注意:バックアップはマメに!】
VPSはまれにOSが壊れることがあります。私もケチってメモリをいっぱいまで使っていたら再起動しなくなり、OS再インストールと言われました。必ずバックアップをマメにとるようにしてください。DropBox、GoogleDriveなど無料でクラウドに同期しバックアップできますが、クラウドアプリがWindowsServerはサポート外も多くありトラブルが頻発しますので最初に試用したほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です