競合者との差別化販売で優位に!



Amazon販売は競合者が常に調査していてすぐに競合者にばれて値崩れしてしまいます。競合者から自分の商品を真似されない用にしていく必要があります。つまり、オリジナル性を高めて商品を差別化していく必要があるということになります
いくつかの差別化方法があると思いますが、以下のようなことであれば簡単にできるものもありますので、中国輸入&Amazon販売を行うのであれば考えないと長期的に利益を出していくことは難しいのは間違いありません。上位から簡単で有効と思われる差別化方法を紹介します。

1.セット商品販売
2.独自JANコード
3.オリジナルパッケージ
4.ショップシール
5.独自補償
6.独自商品制作、オリジナルタグ

1.セット商品販売
セット商品とは2つの商品をタオバオで購入し、自分で梱包時に一つの商品として販売する方法です。ウィッグとメガネのセットとして販売しているようなセット販売は多くありますので、すぐに探せると思います。セット販売をされると真似しずらくなると思いますので、同様に競合者からも参入障壁が増します。

2.独自JANコード
中国タオバオで仕入れた商品にはほとんどJANコードが存在しません。ですので、JANコードを付与して自分のオリジナル商品というのをアピールし競合者から参入をさせないというのがあります。
ただ、Amazonの見解が2013年夏頃から”同じ商品と思われるものは同じ商品として販売してください。”ということで、JANコードが付与されていても同じ商品と思えるものなら同じマーケットプレースに出品してくださいとなっているので、現在は参入障壁が低くなっていると考えますが、難しい話しではありませんので、
JANコード取得方法はこちらを参照してください。

3.オリジナルパッケージ
中国輸入の場合はそもそもそのまま出品できず、何かしらの梱包をやり直さないといけないのがほとんどです。ですので、パッケージングの作業が発生するのが普通です。タオバオで安価なポーチ袋などは10円前後で販売されています。ちょっとオシャレな袋に入れて写真撮影し販売することで他者が同じ商品を手に入れることが困難になるので差別化できます。
タオバオで包装箱の”包装盒”や、ネックレス”项链”などと合わせて検索すると以下のようなかわいい箱が20円以下で探せます。
2
ビニール袋”塑料袋”で検索しても以下のような100枚で3円くらいで探せて大きさも好きなのが探せます。

4.ショップシール
3のオリジナルパッケージを行いショップ名の付いたシールを張ることで、よりショップのオリジナル性を出せます。ショップのシールはショップ名自体あ異なるので真似すること自体にハードルが高いと思われます。その商品を写真撮影しJANコードを付与すれば、ほぼオリジナル商品となりますので、試してみてはいかがでしょう。
ちなみに写真撮影などは綺麗に取る必要があります。自分ではなかなか難しいと思いますので、SOHOなどで頼んでみても良いと思います。

5.独自補償
販売する商品に独自保障を入れるということで他者と差別化するという内容です。基本的に他者から同様の条件はすぐに真似されて差別化としては大きな意味が低いのと、中国製品の品質が安定していないことを考えるとあまりお勧めはできないと思います。そんなに実施していてアピールしている方は見ていないです。

6.独自商品制作、オリジナルタグ
中国製品は基本的に安価に仕入れが出来ますので、中国の業者に依頼して商品自体にショップ名の印刷をお願いするようなことも可能です。当然仕入れのロット数は多くないといけませんが、数百個程度から実施してくれるところもあります。知り合いで数百個オリジナルのプラスチックケースで300円程度で製作お願いしていましたが、100個頼んでも3万円です。それくらいの値段でオリジナル商品が作れるので値段的には非常に手軽に作成できると思います。ただ、業者間で品質や対応のバラつきが大きいのと、良い業者を探せたとして交渉したりしないといけないので、ハードルはかなり高いでしょう。

どれかだけ実施ということではなく、1から5まで全て実施などのように組み合わせていくべきだと思います。販売されている商品を見ていると1から3くらいまでは普通に行われていることも多いので、実施していかないと長期的な販売は難しいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です