元祖Amazon輸出(山村敦氏)A塾体験談



元祖Amazon輸出である山村敦氏のA塾にも参加しました。Amazon海外輸出も初めてでしたので、少しでも経験を補いたいと思い入会しました。そこでのサポート内容や体験を元に記述していきます。

【結論】
Amazon輸出を始めるには自信がない人は入会してサポートを受けるのが良い

ということになると思います。このA塾で一番良いのが期間が一か月単位で決めれることです。多くのコンサルが一年縛りにしていますが、このA塾はその点が非常に良いです。月1万5千円程度の会費はどこも同じくらいの相場で安くありません。多く場合、最初の数か月しかサポートを必要としません。その後は、経験から応用が利くようになりますが、最初は何もわからないので先導が必要です。多くの場合、サポートは最初だけ必要ということになると思います。
私が活用したコンサル内容と体験を以下に示します。

(1)メール相談
メール相談ですが、返答は48時間以内に必ず返ってきています。質問内容もほぼ返してきてくれますが、100%的(マト)を得た回答ばかりかというとそんなこともないですが、基本的に何とかなっているので問題ではないと思います。当然、回答がHelpのURLということもありますので、そこから自分で調べないといけない場合もあります。基本的に山村氏以外のアシスタントの方が一般的なパターンで回答をくれますので、詳細な問題は直接Amazonと話しをつける必要があります。あと、気を付けないといけないのは、最初の一ヶ月のみ無制限で二ヶ月目から月3回となります。

(2)マニュアル類
Amazonの登録方法など一番の最初に必要になるマニュアルはありますが、その後のCSVファイルでの出品のやり方などは手取り足取りではないので、やりながらダメだった時に聞くようなやり方になると思います。ということで、全てが揃っているわけではありませんが、問題があればメールサポートを受けるというやり方になると思います。

(3)その他のツール、特典など
一通り目を通しましたが、私が活用したのはロゴ作成です。最初はロゴのサイズやどこに入れるものかもわからない状態だったので、作ってもらえて良かったです。また、慣れてくれば自分でもチャレンジしたいと思います。
その他、いろんなものがありましたが、今も使っているようなものはありませんでした。基本的にマニュアルとメールサポートがやはりコンサルの本流だと思います。

最後にコンサルについてですが、一から十まで全て教えてくれるという考え方で臨んではいけません。自分で努力して調べて解決していこうという気がないといけませんし、仮に100%教えてもらっても、応用力が利かず、すぐに終わってしまいます。これからの長い販売力を養い、長期間稼ぐことができるように自分で考えオリジナリティを出しながら発展させていくことを目指すべきです。以上を踏まえ、参加して欲しいと思います。

ただ、参加される前に本を読まれることをお勧めします。本の内容があればある程度網羅していますし入門的な事は参考になります。初心者にはお勧めです。

【参考】オークファンスクールの体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です