ネット転売ビジネス(せどり)のトレンド



ネット転売ビジネス(国際、国内せどり)でいろいろ勉強していますが、はっきり言ってやり方は組み合わせでいろいろあります。せどりとは昔、本の転売が流行り、中古本屋で中古本を安く買い集め、ネットで販売しており、背表紙のタイトルを見て購入していたことから背表紙を見て取るので、背取り”せどり”と言われていて、今では本だけでなくネットで転売をおこなうことをせどりと呼んでいます。

一般的に国内せどりは、国内で購入し国内で販売するため、誰でも安い商品を購入できる環境にあるため利益を出しにくいです。しかし、現在でも電化製品の大量量販店で仕入れてネットで販売し利益を出している方もいるようです。ただ、一般的にパワーセラーと呼ばれて月30万~100万以上の高収益を上げている方は国際せどりが通常です。

国際せどりについては輸出及び輸入がありますが、各々にはリサーチ、仕入れ、販売があります。一般的に利用されているサイトについて以下のとおりまとめてみました。
輸出
輸入

パターンと書いているのは一般的と思われる組み合わせに参考まで赤く囲んでいました。また、国際せどりの中でも、最近流行りで高収益を狙えるネット転売ビジネスは大きく以下の2点になると思います。

  1. 中国タオバオ輸入製品の日本Amazon販売
  2. 欧米Amazonと日本Amazonの価格差による輸出入

もちろん、ebay仕入れヤフオク販売もありますが、少し前のトレンドのような気がします。もっとも効率的にかつ安定した収入を得ているというのが上にあげた2つになると思います。

利点と不利点を以下に示します。(トレンド名は省略しましたが上記と同じです)

 トレンドメリットデメリット
1中国輸入Amazon販売・売れる商品が見つかると継続的に仕入れて利益を上げやすい。
・扱う商品単価が低めのため少ない資金ではじめれる。
・利益率の高い商品が扱え、脅威の80%も可能。
・オリジナル商品を作りやすい。
・中国製品の品質が良くない(安定しない)。
・直接仕入れが難しい。
・中国製品は判明しやすく競合も多いため真似されやすい。
2海外Amazonとの輸出入容易に調査できる。
・ほぼ全てが正規品しかないため、品質が安定している。
・取引先が全て信頼できるため安定した取引ができる。
・大量の製品調査が必要のためにツール等が必要(商品の情報戦になる)。
・競合も多く新規開発が必要。

各々の実施方法や実施体験について本サイトで投稿していきたいと思います。どちらも、リサーチが勝負です。扱う商品によって利益が出せますし、扱う商品を間違わなければ後は作業になります。リサーチが勝負の分かれ道ですがセンスや決断力など個人の能力も必要なため、ここで向き不向きが出ると思います。当然、全員が100%利益が出る商売はないのです。出来るだけ作業化して多くの方に実施できるやり方を追求していきたいとは思います。

MrXとしては1の中国輸入は商品を自信をもってお客様に進めれない点で本格的には難しいですので、本サイトでは触り程度の内容としたいと思います。2のAmazon転売を中心に実践していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です