ファビコンの作成


favicon(ファビコン)とは、favorite icon(フェイバリット・アイコン:お気に入りアイコン)の略称です。ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして設定されるものです。ブックマークなどに保存した時に表示される以下のようなマークです。(本サイトの例)

(1)ファビコンを作成するには元のイメージファイルを作成する必要があります。
似顔絵画像作成方法はこちら

(2)画像をファビコン作成用の大きさに変更します。今回はフリーソフトのJTrimを用います。とてお使えるソフトですので、インストールしておいて良いと思います。イメージのリサイズで大きさを変更します。
2-1

(3)①画像のサイズを選択(ファビコン作成サイトでは16×16サイズなので、16で入力すれば良いです。)し、②OKして別名で保存します。
2-2

(4)ファビコン作成サイト(今回はこちら)にて、①画像を選択し、②ファビコンを作成を押下し、③ファビコンをダウンロードします。
2-3
作成したファビコンをWebサイトのフォルダに保存しリンクします。WordPressの場合はテーマフォルダ内に保存します。(作成するサイトによってフォルダ構成が異なります。)

似顔絵画像の作成方法


似顔絵画像の作成方法を説明します。似顔絵作成サイトはいろいろあるので、好きなタイプの画像を使って作成してください。今回は本サイトで使っている似顔絵の作成方法を紹介します。

(1)本サイトでは四角い顔アイコンジェネレータを使っていますので、こちらを開いて、今すぐ作成!をクリック。
1

(2)①変更したい分類を選択し②好きなタイプを選択していき画像を作成します。画像が完成すれば③で画像を保存します。
2
画像が保存されますので、好きなところに張り付けて使ってください。

他にも似顔絵作成サイトはいろいろありますので、Googleで検索してみてください。私は他にはNigaoeMakerなどもよく使います。

楽天広告をサイトに掲載する


楽天の広告をサイトに掲載する方法を説明します。楽天アフィリエイトからバナー広告等のコードを取得して作成してWebサイトに掲載させる方法です。A8.netに参加して楽天の広告コードを取得することも可能ですが、今回は楽天アフィリエイトのサイトから広告コードを取得する方法について説明します。

(1)楽天アフィリエイトを開き、今回はモーションウィジットを作成しようと思いますので、”楽天モーションウィジット”をクリック(カテゴリーから選択など自分の好きなとこをクリックしてください。)
1

(2)画面中央にある”リンクを作成する”をクリック
2

(3)楽天にアカウントのある方はメールアドレスとパスワードを入力し”ログイン”をクリック。アカウントの無い方は右ボタンの新規登録へ
3

(4)リンク作成画面になるので、お勧め広告や好きな大きさと広告タイプを選択し、画面中央下の”設定内容を反映する”をクリック
4

(5)作成された広告を、ソースを選択クリックしコピー(Ctrl+C)してコードをコピーする。
5

コピーしたコードを作成したWebページの掲載したい場所に張り付ければ完成です。
本サイトでは、サイドバー内(WordPressで作成)に張り付けています。