何故、せどりでAmazon輸出なのか?


せどり、Amazon輸出。よく聞くけど何が良いのかということを聞かれることが多いので、私なりに説明していきたいと思います。

ネットビジネスの中でも、せどりを行う理由を一言にいうと特別なスキル不要でリスクが少なく利益を確保できるということである。仮に飲食店などの店を出すとなると数千万などはかかるだろうし、物販でもそれに近い費用は用意しないといけない。ネットであれば仮想的に店で販売する。店もAmazonなどを用いれば必要なく、ebayなどは在庫を持たなくても出品できるのでリスクゼロでも商売ができる点が優れているのである。

【せどりを選んだ理由】

・特別なスキルが不要で比較的簡単にできる。
・価格を比較して安く買えて高く売れるかどうかだけ。
・システム化すれば多売できるので、利益が見込める。
・ネット販売の需要が将来的に発展傾向にある。
・店なども不要で小資金で始められ、リスクが少ない。
・本業に従事しながら副業でも始められる。

ちなみに、ネットビジネスでもアフィリエイトで稼いでいる方もいらっしゃりますが、アフィリエイトの方が文章能力やブログ作成能力など必要な能力が多岐にわたります。あまり時間のない方や、ちょっと初めて見るのは、せどりを行うのが絶対一番良いです。

せどりの中でもなぜAmazon輸出なのかというところもあると思います。ネット販売で一番難しいのは集客ですが、これをAmazonの力でやってくれるので実施する必要がありません。自分でサイトを作り売り出すというのは個人商店を出店するようなもので、SEOやPPC広告などにより集客する必要があります。Amazonは大型ショッピングマーケットのようなもので、SEOや広告などもAmazonが行い集客してくれますから、そこで店を出せば売れます。

今まではAmazon輸出には法人の銀行アカウントが必要であったため参入障壁があり、まだまだ市場が飽和していません(この件は別投稿で記載します)。また、せどりでは継続的にある程度の数が売れる商品を扱うの利益を出しやすいのです。なぜならリサーチが一番労力と能力(センス)が必要だからです。ですので、複数種類の商品を少量づつ販売するよりも少ない種類で同じ商品を大量に販売する方が利益が出るし作業も効率的です。仕入れや在庫納品、発送などは頭を使わない作業ですので、効率的に処理するやり方を考えて数をこなす方が利益を出しやすいと言えます。

最後に、Amazonは当然、自らのブランドと信頼がありますので正規品しか扱いませんし品質も問題ないので、自信をもってお客様に勧めれます。個人が出品できるという点においてはヤフオクもありますが、違いやAmazonを選んだ理由は別記事にて説明します。

【Amazon輸出*を選んだ理由】

Amazonの信頼力や販売力を利用して販売できる。(勝手に集客してくれる)
・Amazon米国には法人の銀行アカウントが必要で参入障壁があったこともあり、まだ市場が飽和していない
商品リサーチに能力やセンスがあまり必要なく、ただ、大量に製品比較が出来ればリサーチできる。
・扱う商品が正規品で品質も問題ないので、自信をもってお客様に販売できる。
・Amazonがお客様とのやり取りを行うため、自販機のように商品を納入すれば効率的に大量販売できる

ただ、”中国タオバオ仕入れAmazon販売の方”が簡単に利益が出るようです。細かなことにあまり気にしないという方が良いと思います。私が中国製品を扱わないのはお客様に自信をもって勧めれないと思うからです。お客様が不満を持ってしまう可能性があるのは、ちょっと扱いたくないですね。ただ、利益率が高く多売しやすいので、利益を出しやすいのは中国輸入だと思いますので、気にならない方はドンドンチャレンジして欲しいです。

*:Amazon輸出 : 本サイトでは、日本Amazon製品を海外Amazonで販売するネットビジネスをいう(せどり)

海外Amazonで販売費用の受け取り(銀行アカウント)について


Amazon輸出を始める前に準備しておく重要なものがあります。それは銀行アカウントで、しかも法人としての利用が求められます。今まではこの法人の銀行アカウントが参入障壁となっていたので、日本の出品者も海外では売れない状況でした。しかし、元祖Amazon輸出である山村敦氏によりAmazon輸出入門という本が出版され、ぺイオニア(バーチャル銀行)等の方法を用いればAmazon輸出の支払を簡単に受け取ることが多く知られるようになりました。法人の銀行アカウントを作成する方法はもちろん海外で会社を立ち上げ法人登録を行うという方法もありますが、そこまでするにはかなりの参入障壁があります。ぺイオニアなどの方法について整理しましたので、解説します。

方法具体的な内容良い点悪い点
ぺイオニア
(バーチャル銀行)
ぺイオニアにクレジットカードを申込み、同時に銀行アカウントも設定してくれるので、そのアカウントを利用する方法・ビジネスとして利用可能
・最も簡単に準備(取得)できる
・発行に1~2週間程度
・手数料がある。引き出し時に1%と年間3千円程度
ユニオンバンク
(三菱UFJ銀行が取次)
三菱UFJ銀行を介してユニオンバンクに銀行アカウントを作成する方法・引き出し額が高額時には手数料が割安
・発行に2週間程度
・基本的に個人利用(扱い金額が大きくなると口座停止の可能性あり)
海外法人設立海外に法人を設立し海外の銀行に法人アカウントを取得する方法・信用ができるので、個別サイト等で販売など販売を拡大しやすい。・法人設立が非常に大変で、一ヶ月はかかる。
・法人維持のため、費用が年間最低10万程度必要。

となります。ですので、ぺイオニアを用いるのが一番簡単で問題もないということになりますから、まずはAmazon輸出をされるはぺイオニアからだと思います。私もぺイオニアを申し込んで運用していますが特に問題は発生していません。ぺイオニアへの申し込みはここからどうぞ。

ただ、個別にサイトを開設して販路を拡大したい、仕入れも直接仕入れて販売したいなど、事業として拡大する場合は起業するということになると思います。個人販売程度であればペイオニアが一番良いでしょう。

Amazon日本におけるFBA出品方法【出荷・納品準備】(2/2)


Amazon日本におけるFBA出品方法【在庫登録】(1/2)に引き続き、出荷・納品準備の方法を解説していきたいと思います。通常は続けて作業すると思いますので、続きの番号で記載します。

(16)”出荷/納品準備を開始”をクリックする。
16

(17)数量を確認し、”保存して進む”をクリックする。
17

(18)”商品ラベルの印刷”をクリックし、PDFをダウンロードする。ダウンロードがかんりょうしたら”次へ”をクリックする。
18

(19)一番最後でも構わないが、(18)でダウンロードしたPDFファイルを紙ラベル(シール)に印刷して商品に張り付ける。下は貼り付けイメージです。また、綺麗はがせるKOKUYOの紙シールがお勧めです。
19

(20)今回は”はこBoon”(私が探した中で一番安い)を利用しますので、”その他”を選択し、”保存して次に進む”をクリックする。
20

(21)箱内に入れる納品書を印刷します。箱の個数を入力し、納品書の印刷を押下します。
21

(22)印刷画面になるので、印刷を行います。また、印刷が完了したら(21)の”続ける”をクリックする。(印刷した用紙は商品を箱詰めしたら一番上の見えるところに入れておく。)
22

(23)はこBoonの受付番号を入力(事後でも入力可能なので、配送の手配が出来ていない場合は別途登録)し、”保存して次に進む”をクリックする。
23

(24)”配送ラベル”を印刷をクリックし、PDFファイルをダウンロードする。ダウンロードが完了したら”納品設定を完了”をクリックする。(クリック後はログアウトしてOK)
24

(25)PDFファイルを印刷し発送する箱の上の見えるところに張り付ける。
25

(26)最後に発送が完了したら”納品済みにする”をクリックする。(これは任意で構わない)
26

(27)納品プランの管理で状態を確認する。
27