製品リサーチ(中国仕入れ)について



どの製品を仕入れるかは販売で一番重要な要素です。このリサーチが成功するかであとは作業ですから、一番能力、センスの必要な作業になるでしょう。これは売れそうだろうという感に頼ることが無いように十分心して進めてください。

一般的なリサーチ方法について紹介します。以下の流れが基本だと思います。

①ヤフオク、Amazonで中国製品と思われ、かつ売れている商品を探す。
②タオバオで同じ商品を探す。
③Amazonとタオバオの価格を比較し売れる商品かどうかを見極める

とうのが基本だと思います。具体的なやり方を以下のとおり説明します。
タオバオとは中国のショッピングサイトで日本でいう楽天にあたるサイトです。中国では85%程度のシェアがありますので圧倒的なシェアと言っても良いです。

①-1:オークファンから中国製品が多い”コスプレ”から製品をリサーチ

(1)オークファンのページを開け、”ヤフーオークションタブ”をクリックし、”コミック、アニメ関連”をクリックする。
aucfan2

(2)左サイドバーの”コスプレ衣装”をクリックする。
aucfan3

(3)一般的な製品を選ぶ(ブランド名やアニメやゲーム名のない製品を選ぶ)
以下のような一覧が出てきますので、中国製品らしきものを探す。例えば以下のページでは、ファイナルファンタジーなどのアニメやゲーム名の入ったものは中国製品の可能性もありますが、日本製の場合も多いのでパスします。また、ブランド名の入ったものも中国製の場合もありますが、仮に中国製であったとしてもブランドものは偽物の可能性が高いです。基本的に扱うのは名前のないものにしてください。ここでは、ブランド名もアニメ名も何もない一般的な名称の”1円⇒新品 コスプレ衣装 ヒョウ柄 サンタ”をクリックしてみます。
aucfan4

(4)出品者IDを選択し売れている中国製品を抽出する。
出品者IDを見ると以下の赤くマルをした中国製品のようなものがたくさん出てきました。今回、すぐに中国製品が出てきましたが、すぐに出てこない場合も多いです。出品者IDを選んでもブランド品などの名前があったりすると、NGですので、(3)から(4)を繰り返して実施してください。
aucfan5
aucfan6

①-2:オークファンから中国製品が多い”LED”から製品をリサーチ

(1)オークファンのページを開け、検索窓に”LED”を入力し、”落札相場検索”をクリックする。
aucfan10
aucfan11

中国製品らしきものが見当たらないので、気を取り直して”LED イルミネーション”で再度検索。
aucfan12
出てきました、中国製品っぽいですね。ここから、製品をクリックし出品者IDから中国製品を扱っていないか探していきましょう。ここからは①-1の(3)から(4)と同じですので、同様に実施してください。
また、カテゴリーから特定の製品を絞り込み検索していく方法もあるようですので、試してください。

②タオバオで同じ商品を探す。

”1円⇒★大容量50000mAh★バッテリーUSB充電器★2台同時充電可”が良さそうなので、タオバオで検索してみましょう。

(1)タオバオで検索する前に翻訳ソフトを使って中国語を探します。今回は、Google翻訳を使って”バッテリー”を中国語に変換してみます。
翻訳
バッテリーは”电池”のようです。同様に複数のワードを検索します。ここでは、USBは”USB”でした。また、充電器は”充电器”でした。

(2)タオバオで商品を検索します。
タオバオを開き、”电池 USB 充电器”で検索しました。
taobao1

ちょっと、バッテリーっぽいのばかり出てきました。狙っている商品と異なるので、異なるキーワードで検索します。

”50000 USB 充电器”で検索しました。ありました!!!同じ製品です。ただ、ちょっと検索ワードが良くないようで、タオバオで上にキーワードの検索推奨欄の紹介で出てきているようです。

taobao2

出てきました。が、USBがタイトルにはないので、”50000 充电器”で再度検索して、同じ商品で多くのショップを検索します。その中で価格や信頼度を選びます。

右下のところが価格も低く、良さそうです。店を選ぶ基準は、評価が良いところとスライムが動いているところです。

スライムはチャットなどのリアルタイムでコミュニケーションをサポートしていて、下の青いマークで動いているのが良いです。灰色で動いていないところはサポートされておらず信頼が低いと言えます。
taobao4青色はリアルタイムコミュニケーションをサポートしており信頼できるところ

taobao5灰色はリアルタイムに問い合わせができず信頼が低いところ

次に評価の見方ですが必ず高評価ほど良いかというとそうでもないみたいです。評価を買えるところもあるようですので、ここらへんも3個程度のテスト仕入れしてみてということになると思います。
taobao_hyoka21

評価は下に行くほど高評価となる。ただ、王冠だから良いとは言えない。 ここは中国、評価もお金で取引される。。。

以上のように、価格と、出品者のスライムマーク及び評価から購入先を決定する。

③Amazonとタオバオの価格を比較し売れる商品かどうかを見極める

(1)Amazonの販売価格を調べる

では、Amazonではいくらは見てみましょう。Amazonを開き、”50000mAh USB充電器”で検索してみます。

Amazon1

一発で検索できました。3200円で1点のみで出品者も一人です。ここで、確認するのは出品者の人数も重要です。出品者が多数存在する場合は、競合者が多いのでビジネスは難しいと判断してください。出品者が3名までが参入可能と考えるのが良いでしょう。

(2)価格を比較しビジネスになるか計算する。

Amazonの販売価格が3200円、ヤフオクでも2000円~3000円でした。タオバオの価格が48元でしたので、大目に見積もっても1元=20円ですので、1000円程度です。Amazonでは、2000円程度の利益があるので仕入れる価値はありそうです。

送料や手数料は仕入れる個数に大きく左右されます。一概に言えませんが数十個くらい仕入れないと利益は出ないと言えます。中国仕入れの場合は、平均販売単価は2500円以上は必要と言われています。あまり安い商品でも利益が出ないし数を処理するのが大変です。

購入方法は仕入れ編でタオバオ購入代行の投稿で説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です