中国輸入Amazon販売の全体概要について



現在、多くの中国製品が日本を含め世界に輸入されています。私たちの生活で中国製品と関わらない日はないくらいに中国製品と接して暮らしています。もはや中国は世界の製造工場化していて作れない製品はありませんし、品質も一昔前に比べれば大きく改善してきています。

そこで、安価な中国製品を輸入し日本で販売するビジネスを行おうというのが本ページの主題になります。ただ、もっとも手軽で初期投資のかからないネットビジネスで行うというのがここで扱うポイントです。

中国仕入れ販売ビジネスで今、最も一般的なネットを活用した方法を以下に示します。

①ヤフオク、Amazonで販売されていて売れている中国製品を探す
②タオバオで同様の製品を探す
③タオバオ購入代行業者に依頼し商品を購入する。
④Amazonやヤフオクで販売する。

①~④を繰り返すというのが流れだと思います。詳細は別ページで記載しますが概要だけ以下に説明します。

①については、ヤフオクの売れ筋はオークファンから検索するのが一般的で、コスプレなど中国製品と思われる出品者から売れている製品を探すということになります。また、LED製品などの製品から中国製品を探し同様に出品者を探すということも考えられます。

②は、Google翻訳などで単語を検索し、タオバオで検索するということになると思います。機械翻訳も合っていない場合もありますので、商品などを見ながら修正しながら検索すると良いでしょう。

③については、最初は3個程度で試験的に仕入れて製品の品質と販売状況を把握して、その後に本格的に導入するのが良いでしょう。また、通常2,3週間納品に時間がかかるので、2回目は2,3週間分の製品は仕入れるのが基本です。在庫をなくすということはビジネスとして失敗する可能性がありますので、十分考慮して行ってください。
また、タオバオ購入代行業者ですが、タオバオなびひなか、ファーストトレードなどに依頼し仕入れします。ファーストトレードは新規ユーザは現状受け付けていませんので、紹介状などが必要のようです。他にも多くの業者がありますが、この3社から選ぶと間違いないです。注文してから納品までの回転が早い方がビジネスとして利益を上げやすいので、安易に安いところを選定すると成り立たない可能性があるので、状況を確認しながら確認しましょう。

④については、仕入れしたものをAmazonやヤフオクで販売します。ヤフオクは通常のオークション形式で販売ですので、詳細は割愛します。一般的にAmazonの方が信頼があり高値で販売できます。ビジネスとするならAmazonを利用するのが良いでしょう。
Amazonを利用する場合にAmazonの倉庫に送って注文があればAmazonから発送し発送作業などもAmazonをお願いする(FBA:Fulfillment-By-Amazon)こともできますし、注文の都度、自分のところからお客様に直接発送するやり方もあります。よく売れる製品については発送の稼働や効率性などを考えて、AmazonFBAを利用するのが良いでしょう。非常に便利ですし倉庫に商品を補充するだけなので自動販売機のようにドンドン売ってくれます。あまり売れない場合はAmazon倉庫の賃料などを支払う必要がありますし手数料も取られるので、自分の家から発送するのも良いでしょう。全てAmazonFBAでも問題ありませんが手数料を取られる分を自分で処理するかどうかだと思います。

以上が概要になりますが、具体的なやり方は右サイドバーの”中国輸入”をクリックして関連する記事を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です