Amazonとヤフオクについて


Amazonとヤフオクについて、同じく個人が販売できるサイトですが、当然、良い点と悪い点が違っていますので、以下のとおりまとめています。

 概要良い点悪い点
Amazon日本最大級のショッピングサイト
基本的にBtoCでショップが個人に販売する。
今まではAmazon自ら販売が主流であったが現在は他からの出品にも力を入れている。
・お客様から信用がある
・フォーマットが統一されていて初心者に見やすい
・発送なども手数料を払えば行ってくれる
・お客様とのやり取りをしなく良いので効率的
・集客力が非常に高い
・手数料が高い(15%)。
・商品が限定される。
・説明を細かく記載できず限定される。
ヤフオク日本最大のオークションサイト
基本的にCtoCビジネスで、個人が直接個人へ販売する。
・手数料が安い(5.4%)
・子供の絵画など何でも販売可能
・オークション形式なので1円スタート等ができ、最初から価格を決める必要はない(在庫処分できる)。
・集客力が非常に高い
・個人販売なので信用が低い
・価格がAmazonより低く落札される傾向
・個人とのやり取りを行わないといけないので多売時は稼働がかかる

両方ともに高い集客力があるのは間違いないですので、その点は問題ありません。また、同様のサイトである楽天はどうかと言われるとAmazonと比較して商品販売の画面を作ったりしなくてはいけませんし、FBAなどもなく個人としては利用しにくいでしょう。
AmazonもBtoCが基本でショップが個人に販売という形態ですが、個人でも簡単に販売できるようになっています。Amazonはオークションではありませんが、信用度も高いので高額で販売できます。Amazonで売れ残ったものをヤフオクで販売するということもできますので、まずはAmazonで販売し売れ残りをヤフオクで処理するというのが良いと思います。方法については別記事で解説します。

オークファンスクールの体験談


オークファン・スクールに入会して体験したので説明します。

【結論】
内容的にオークションなどの基本を学びたい方向けのスクールです。
オークションをやったことがある方はあまり参考になりませんので、本当の初心者向けとなります。
(残念ながら何でもそうですが具体的なノウハウは自分でやりながら習得していくしかありません。)

誰でも月数十万円稼げるというのは過大広告だと思いますし、特別なノウハウもなくマニュアルもすべて揃っているわけではないので残念な内容です。自分でネットで探せるような内容に終始するので一般的に期待するような内容なら参加しないのが良いと考えます。私はせどり業界も初めてですので、少しでも早く情報を収集し活動したいと、ワラにもすがる思いで入会しました。他にセミナーで知り合った何人かのスクール生とも話しましたが、みな基本的に同じ意見でした。参加に悩んでいる方はぜひ、この体験談をみて判断してして欲しいです。基本的に自主性を重んじているというと聞こえは良いですが、言い方を変えると何もしてくれないということです。スタッフは頑張ってネットなどで情報を探して応援してくれようとしている気持ちは否定しませんが、そもそも内容的に月1万5千円払って受ける内容やサポートでは無いと感じています。オークファン側には受講生として、こんなやり方では双方が望んでいる結果には当然つながらないし改善依頼はお願いしています。が、そんなすぐに治るような内容ではありません。せめて、一年という縛りは改善できるので一カ月単位に早く改善して欲しいと切に願います。

情報を少しでも早く仕入れていきたいという方はオークファンもセミナーを開催していますので、そちらに参加頂ければと思います。

●過大広告について

誰でもスキルなく月30万円稼げるか如く広告されていますが、絶対にそんなことはありません。特別なノウハウがあると期待してはいけません。もちろん、本スクールで月数十万の利益を上げている方がいるかもしれませんが、その方はもともとスクールは一助になったとは思いますが、自分の努力が大きいと思います。特別なノウハウがあるかの如く過大な期待をして入学されるようなことはないようにしてください。オークションの基本をしっかり理解したいという方は参加されたら良いと思います。

●入会制度について

ゴールドの月14,800円のコースに入会しました。入会すると1年間はやめれません。退会を希望しても受け付けてくれません。せめて、一カ月単位で続けるか決めさせてですね。内容がチープなので1年間縛りにしているのだと思います。内容に自信があれば一カ月単位で生徒に判断させれば良いですから。先ほども書きましたが、半年なり3か月なり少し期間を短く選択できるような改善はすぐにすべきです。一年間は解約できませんというのは悪徳商法に近い感じがします。どうしても何とかしたい方は解約はできませんの一点張りですので、消費者センターなどの第三者機関に相談されることをお勧めします。

●テキストについて

テキストは3章で構成されています。内容はヤフオクとebayでのリサーチや出品や落札方法がメインです。オークションというものを基本かを一度しっかりサポートを受けて理解したいということは良いかもしれません。ただ、ネットでもある程度仕入れれる情報になるので、Googleで検索したり本サイトのようなサイトを活用すれば、質問も簡単なものは受けてくれるので気軽に連絡してみてください。

間違っても何か特別なノウハウがあるという期待は辞めた方が良いです。

●メールサポートについて

タオバオ中国輸入を行ってAmazon販売をしようと思って、スクールにメール相談しました。まず、回答が遅いです。場合によっては1週間程度待たされます。そんなに多く質問していませんが、5日かかったものもありました。5日間そのことに関して何も出来ないのはありえません。自分でネットで検索し何とかするのが普通です。通例では2日間程度ですが、こちらとしては翌日には回答が欲しいです。初めてで、どこのタオバオ購入代行業者を使おうか迷っていたので、どこが良いですかという質問をしたのですが、返ってきたのはインターネット上のURLでした。そもそも、そのURLは私は質問する前にGoogleで探して見ていたのですが、紙面上でわからない経験を踏まえたアドバイスで、”ここが料金も安くて早いので問題ありません。”とか”私もここを使っていますので、問題ありません”という内容ですが、紙面上の数値だけでは丁寧さや品質などの感覚も含めてわからないので質問しているのですが、回答はさっぱりでした。更問いすると、オークファンと提携のある業者を教えてくれましたが、提携しているというだけで実績や経験に基づく良いとか問題ないというような回答ではなかったです。あくまで自分で決めてくださいという感じでした。当然決めるのは自分ですが、こんなサポートじゃ無くても一緒だとがっくりしたました。また、設定の仕方もちょっと難しいのは基本的にAmazonのHelpを見てくださいといういい加減な回答が多いです。本当に手取り足取りのサポートを期待されている方は過度な期待はしないでください。

●無料参加セミナーについて

無料参加セミナーはオークファンスクールでの唯一の救いです。その業界で実績を上げているパワーセラーが直接話してくれます。質問も気軽に出来ますので、参加すればその内容はだいたい理解できます。講師によっても若干内容が異なるので、中国輸入をされるなら、関連セミナーなど出来るだけ参加されれば良いと思います。もちろん、中国輸入なら内容は似ていますが、講師によって考え方の軸足ややり方が少しづつ異なりますので、参加はお勧めします。経験や体験を踏まえた先ほどのタオバオ購入代行業者もここは私も使っていてこういうところが良いとか話してくれ非常に参考になります。ただ、セミナーもやはり高額です。一回に1万5千円程度しますから選択が必要です。私が最初に戻ったとしてどうするかと聞かれたら、最初は何もわからないので、一回は参加すると思います。ただ、今回実施しているAmazon輸出に関してはセミナーには参加していません(私の時期は開催されていませんでした)。中国輸入セミナーには無料なので3回程参加しましたが、結論的に本格的に実施しませんでしたが良い勉強にはなりました。

●サポート範囲について

サポートしてくれる範囲ですが、以下のところがメインになります。今のトレンドである中国輸入とAmazon輸出は十分なノウハウがありませんので、ベストエフォートでのサポートになるので、そこらへんも十分に考えてからの入会を検討してください。基本的に以下のことを最初からしっかり学びたいという方が入会する内容になります。

・Amazon輸入販売
・ヤフオク販売
・eBay輸入/輸出

以上で体験レポートは終わりですが、迷ってる方は相談頂ければ、体験談として回答させてもらいます。

コンサルを受けてみての経験ですが、一から十までコンサルに入れば何でも教えてくれるということはないので、自分の努力も必要だということです。どのコンサルも本当の意味で自分のやり方を100%は出していません。たとえばやり方やマニュアル類も教えて欲しいというと、HelpのURLが送られてくるのが一般的だと思います。それはわかっているけど、読み砕くのが大変だから言ってるのにと思う方も多いです。
また、自分が使っているツールなども100%は明かしませんし渡しません。やり方を簡単に説明するのでサポートしますということになりますので入会する時はあまり過度な期待はしない方がうまくいくと思います。当然、そういうコンサルになるわけですから、多少の応用力はつきますから、これからの長い販売力も養ってくれていると思います。最初だけで後は自分のオリジナリティを出しながら発展させていくことが可能になるわけです。
ただ、過大広告はおかしいと思います。書くならこれくらいの人が達成して達成していない人も書くべきです。就職率のように●●%が達成ですと明記すべきだと思います。誰でも出来るかの如く書いているのは明らかに良くないと思います。実際はできた人よりできない人の方が圧倒的に多いですから。。。

何故、せどりでAmazon輸出なのか?


せどり、Amazon輸出。よく聞くけど何が良いのかということを聞かれることが多いので、私なりに説明していきたいと思います。

ネットビジネスの中でも、せどりを行う理由を一言にいうと特別なスキル不要でリスクが少なく利益を確保できるということである。仮に飲食店などの店を出すとなると数千万などはかかるだろうし、物販でもそれに近い費用は用意しないといけない。ネットであれば仮想的に店で販売する。店もAmazonなどを用いれば必要なく、ebayなどは在庫を持たなくても出品できるのでリスクゼロでも商売ができる点が優れているのである。

【せどりを選んだ理由】

・特別なスキルが不要で比較的簡単にできる。
・価格を比較して安く買えて高く売れるかどうかだけ。
・システム化すれば多売できるので、利益が見込める。
・ネット販売の需要が将来的に発展傾向にある。
・店なども不要で小資金で始められ、リスクが少ない。
・本業に従事しながら副業でも始められる。

ちなみに、ネットビジネスでもアフィリエイトで稼いでいる方もいらっしゃりますが、アフィリエイトの方が文章能力やブログ作成能力など必要な能力が多岐にわたります。あまり時間のない方や、ちょっと初めて見るのは、せどりを行うのが絶対一番良いです。

せどりの中でもなぜAmazon輸出なのかというところもあると思います。ネット販売で一番難しいのは集客ですが、これをAmazonの力でやってくれるので実施する必要がありません。自分でサイトを作り売り出すというのは個人商店を出店するようなもので、SEOやPPC広告などにより集客する必要があります。Amazonは大型ショッピングマーケットのようなもので、SEOや広告などもAmazonが行い集客してくれますから、そこで店を出せば売れます。

今まではAmazon輸出には法人の銀行アカウントが必要であったため参入障壁があり、まだまだ市場が飽和していません(この件は別投稿で記載します)。また、せどりでは継続的にある程度の数が売れる商品を扱うの利益を出しやすいのです。なぜならリサーチが一番労力と能力(センス)が必要だからです。ですので、複数種類の商品を少量づつ販売するよりも少ない種類で同じ商品を大量に販売する方が利益が出るし作業も効率的です。仕入れや在庫納品、発送などは頭を使わない作業ですので、効率的に処理するやり方を考えて数をこなす方が利益を出しやすいと言えます。

最後に、Amazonは当然、自らのブランドと信頼がありますので正規品しか扱いませんし品質も問題ないので、自信をもってお客様に勧めれます。個人が出品できるという点においてはヤフオクもありますが、違いやAmazonを選んだ理由は別記事にて説明します。

【Amazon輸出*を選んだ理由】

Amazonの信頼力や販売力を利用して販売できる。(勝手に集客してくれる)
・Amazon米国には法人の銀行アカウントが必要で参入障壁があったこともあり、まだ市場が飽和していない
商品リサーチに能力やセンスがあまり必要なく、ただ、大量に製品比較が出来ればリサーチできる。
・扱う商品が正規品で品質も問題ないので、自信をもってお客様に販売できる。
・Amazonがお客様とのやり取りを行うため、自販機のように商品を納入すれば効率的に大量販売できる

ただ、”中国タオバオ仕入れAmazon販売の方”が簡単に利益が出るようです。細かなことにあまり気にしないという方が良いと思います。私が中国製品を扱わないのはお客様に自信をもって勧めれないと思うからです。お客様が不満を持ってしまう可能性があるのは、ちょっと扱いたくないですね。ただ、利益率が高く多売しやすいので、利益を出しやすいのは中国輸入だと思いますので、気にならない方はドンドンチャレンジして欲しいです。

*:Amazon輸出 : 本サイトでは、日本Amazon製品を海外Amazonで販売するネットビジネスをいう(せどり)