アフィリエイトサービスプロバイダーについて


独自ブログを作成しているので、アフィリエイトをしようと思います。いろんなアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)がありますが、一番手頃でメジャーで信頼ができ無料ですので登録してみます。 ちなみに、アフィリエイトサービスプロバイダーは、Webで広告をして収入を得たいアフィリエイターと、商品を広告して販売したい商品販売者を仲介する業者のことです。(下図参照)
ASPとは
一般的なASPを以下に紹介します。正直、ASPは多くありますので、全て紹介することはできません。初心者として知っておけば良い程度の以下にまとめました。

分類ASP名特徴
一般A8.net超有名サイト。広告主の数も多く、報酬単価も高く設定。審査がなく登録無料。初心者にもわかりやすいのでまずはここからでしょう。
LinkShareSONY、DHC、ニッセンなど大企業からの魅力的なプログラムが多く、ブログ記事を書くだけで報酬がもらえる。
Affiliate-B報酬は777円から受け取れる。外税なので、報酬×1.05円の金額が振り込まれます。翌日末の振り込みでスピーディ。
アクセストレードASPの老舗。振込手数料はどの銀行を指定しても無料。多彩な広告形態が用意され、売り上げが良いと報酬がアップする「提携ランクアップ」制度。
物販AmazonアソシエイトAmazonのアフィリエイトプログラム。報酬率は低いが商品点数によりUP。クッキーは24時間。
楽天アフィリエイト楽天のアフィリエイトプログラム。報酬率は低い(1%)が、クッキーが30日有効。
情報商材インフォトップ情報商材・電子書籍専門のASPで情報商材では最大手のASP。審査が無く、1件あたりの報酬が高く設定されている。
インフォカート審査も無く、最大70%の成果報酬が支払われる。分割払いでも一回で支払われる。

私は使いやすさが一番だと思っていますので、デザインや参考等にジャンプする程度のバナーしか載せませんので、アフィリエイトを本格的にという方は以下のサイトが詳しく説明されています。

0円からのお小遣い稼ぎ!ぷちチョキンバコ

Webサイト(ブログサイト)作成について


Webサイト(ブログサイト)作成について紹介します。
Webサイトを構築するためには以下の構成を用意する必要があります。
Webサイトの構成
❶と❷はソフトウェア、❸はOS(Windows、MacOS、Linuxなど)とハードウェアになります。
上記構成を構築するには各々に方法がありますが、個人で用意するには以下の方法に限られてくると思います。

【パターン1】
❶+❷+❸を全てASPから借用して、Webサイトのコンテンツ(中身、内容)のみ導入する。

【パターン2】
❷+❸をIaaSなどで借用して、Webサイトを作成する。

【パターン3】
❶、❷、❸を全て自分で構築する。

【パターン3】は自分でハードウェアを買ってきてHTTPサーバをインストールし構築できますが、IPアドレスの取得や設定などかなりの労力が必要です。
通常は【パターン1や2】のように借りるのが一般的で、【パターン2】でもロリポップなどで年6,000円程度で使えるので、そちらの方がコストも安くなりますし労力も大幅に削減できます。
【パターン1】についてはASPのサービスを利用する形態があり有料・無料の方法があります。有料と無料では機能が異なるため、本格的に行うには有料のところになると思います。有名なところでは以下の分類になると思います。

【パターン1】のサービス例
(1)ネットブログ用
Ameba (アメーバ)|ブログ
ライブドアブログ(livedoor Blog)
FC2ブログ
などがあげられると思います。また、若干、趣旨や系統は異なりますがFacebookもブログを扱ってます。アメーバなどはどちらかというと趣味などの分類がしやすく、Facebookは実名が基本ですので個人の紹介という感じでしょう。ただ、どちらも明確に違いがあるわけではないので、どちらを利用しても良いと思います。
(2)ネット販売用
BASE
Stores.jp
ZEROSTORE
どこを使うのが良いかは好みでしょうけど、上にあげたサイトは有名ですので、どこを使っても大きく違いはないと思います。基本機能は無料なので気軽に試してみてはいかがでしょう。

【パターン2】におけるWebサイトの作成方法
(1)コンテンツマネジメントシステム(Content Management System:CMS)で作成
CMSは現在はWordpressが主流ですし、これを使えば良いでしょう。テーマを設定するだけで既定のフォーマットが完成され、文章を入れるだけです。本サイトもWordpressを使って作成しています。
(2)HTMLを作成
HTMLを作成にはテキストエディタを使って直接HTMLを記載する方法もありますし、DreamWeaverやホームページビルダーなどを使ってGUIで記載していく方法もあると思います。

CMSを使っていても、HTMLはDreamWeaverを使う方もいると思いますので、一概には言えませんが大きくはこの流れになると思います。

ちなみに、本ページはムームードメインで独自ドメイン(mrxblog.net)を取得しロリポップのサーバを借りて、Wordpressで書いています。HTMLを記載するのにアプリケーションは一切使っておりません。【ムームードメインを詳しく見たい方は以下からどうぞ!】