macでプレビューなどファイル編集の自動保存を実施しない

  • 2016年12月01日
  • apple

Appleのmac(マッキントッシュ、又は、マック)でプレビューなどファイル編集の自動保存を実施しない方法
新型MacBookでは初期値が自動保存で、画像ソフトのプレビューで「切り取り」などをして閉じれば、自動で変更されてしまいます。
元ファイルを残したい場合も多いので、設定の変更の仕方を説明します。

(1)左上をFinderにしてクリックし、「システム環境設定」を選択
(2)一覧が見えますので、その中から「一般」を選択
(3)半分の少し下に「書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認」のチェックボックスを外す
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%b7%a8%e9%9b%86%e4%bf%9d%e5%ad%98

macでマウスのスクロールを逆に

  • 2016年12月01日
  • apple

Appleのmac(マッキントッシュ、又は、マック)でマウススクロールを逆にする設定する方法
今までWindowsメインだったユーザには同じマウススクロール操作で同じように動いて欲しいです。
その場合の設定方法を説明します。

(1)一番左上のリンゴマークから、「システム環境設定」を選択
(2)一覧が見えますので、その中から「トラッグパッド」を選択
(3)上のタブで「スクロールとズーム」を選択
(4)スクロールの方向:ナチュラルのチェックボックスを外す
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a4%89%e6%9b%b4

PHPセッション管理ができない(ログイン状態保持NG)


PHPセッション管理ができない事象が発生しましたが、問題が解決したので備忘録も含めて問題点を整理しておきます・

【事象】
・PHPのセッションを用いたユーザログインがページが変わるとログアウトしてしまう。

【問題】
・HTTPデーモンの起動ユーザが変更していた。
(別の問題でサーバ構成を変更した時にユーザも変更していた)

【解決方法】
・php.iniファイルでセッションをサーバに保存しているフォルダの権限変更

(1)PHPプログラムで、$_SESSION[“xxx”]でWebページが異なった場合に値が保持できない
(session_start();でスタートしている前提)

(2)セッション管理を行っているフォルダを確認
# cat /etc/php.ini | grep session.save_path
session.save_path = “/var/lib/php/session”

(3)フォルダの権限を確認
ls- l /var/lib/php/
(/var/lib/php/sessionの権限を確認)

(4)フォルダの所有者を変更(httpデーモンと同じユーザに合わせる)
chwon xxx:xxx /var/lib/php/session

1 / 4712345...102030...最後 »